Event

レポート:8月7日シンポジウム「東アジアにおけるレヴィナス」

Report

8月7日、中山大学(中国・広州)との共催で、国際シンポジウム「東アジアにおけるレヴィナス」を開催した。冒頭、合田氏は、1980年代に自身がレヴィナスを研究し始めた頃は、ほとんど周りにレヴィナスの名を知る人がいなかったこと、それが今日、日本でも中国でも盛んに論じられる対象となっていることを指摘し、なぜ東アジアでこれほど読まれ続けているのかと問いかけ、本シンポジウムの意義を説明した。また、自身がかつて沖縄でレヴィナス研究に没頭していたこと、今回のシンポジウムを当初沖縄で行う計画であったことに言及し、沖縄の持つ地政学的な意味についても強調された。 (左から、合田正人氏、朱剛氏、王恒…

続きを読む

レポート:8月7日シンポジウム「東アジアにおけるレヴィナス」

8月7日国際シンポジウム「東アジアにおけるレヴィナス」開催のお知らせ

Event

8月7日に中山大学哲学系との共催で、国際シンポジウム「東アジアにおけるレヴィナス」を開催します。中山大学は中国における現象学研究の一大拠点となっている大学です。今回は、レヴィナス『全体性と無限』の中国語訳を昨年上梓された中山大学教授の朱剛氏、レヴィナス研究者で『時間性:自身与他者 従胡塞爾・海徳格爾到列維納斯(時間性:自己と他者 フッサール・ハイデガーからレヴィナスへ)』の著作もある南京大学教授の王恒氏、そして今回のイベントの中国側コーディネーター役を務めてくださった中山大学准教授の廖欽彬氏を明治大学にお招きします。詳細は以下のとおりです。御関心のある方は、ぜひ足をお運びください。 …

続きを読む

8月7日国際シンポジウム「東アジアにおけるレヴィナス」開催のお知らせ

5月24日、25日、リチャード・コーエン氏講演会のお知らせ

Event

下記の日程で、レヴィナス研究の第一人者リチャード・コーエン氏(ニューヨーク州立大学バッファロー校教授)の講演会を行います。   主催は明治大学国際連携本部で、当プロジェクトの「現象学の異境的展開」が共催として関わっています。詳細は以下のとおりです。   5月24日(水)18時~20時半 「レヴィナスとスピノザ」 明治大学駿河台キャンパスグローバルフロント4031教室   5月25日(木)13時半~15時10分「ユダヤ哲学とは何か」 明治大学和泉キャンパス第二校舎第五教室    …

続きを読む

5月24日、25日、リチャード・コーエン氏講演会のお知らせ

レポート:3月1日ワークショップ「現象学と東アジア」

Report

日本より一足早い春の訪れに迎えられ、3月1日に香港中文大学日本語学科との共催でワークショップ「Phenomenology and East Asia」を開催した。ワークショップは、9時から途中1時間半の昼食休憩をはさんで18時まで行われ、充実した一日となった。香港中文大学は授業期間の只中で、教員も学生も時間をやりくりして参加していただいた。なお、発表、質疑ともすべて英語で行った。 第一部 当初の順序を変更し、平岡、犬飼、ホイ氏の順で発表した(以下、日本側参加者は敬称略)。 平岡は、レヴィナスのフッサール解釈に依拠しながら、表象に対抗する現象学的記述の意義を論じた。現象…

続きを読む

レポート:3月1日ワークショップ「現象学と東アジア」

ワークショップ「現象学と東アジア」開催のお知らせ

Event

3月1日、香港中文大学梁銶琚楼を会場に、香港中文大学との共催で「現象学と東アジア」と題したワークショップを開催します。プログラムは以下のとおりです。 (Chinese University of Hong Kong)   Workshop on Phenomenology and East Asia 1st March 2017 Room 401, Leung Kau Kui Building, Chinese University of Hong Kong   09:00-09:15 Opening 09:15-11:15 …

続きを読む

ワークショップ「現象学と東アジア」開催のお知らせ

トップへ戻る