Event

リポート:クロージングシンポジウム「哲学はどこへ」

Report

3年間にわたって企画された「現象学の異境的展開」のクロージングシンポジウム「哲学はどこへ――現象学の展開」がおよそ40名の参加者を得て、3月14日に行われた。   (左から合田、美濃部、志野) シンポジウム前半では、明治大学から合田、美濃部、志野の3名がそれぞれ「Le premier venuとは誰か――パシェ、レヴィナス、ジラール」「フィヒテ1804年の『知識学』における現象概念」「直観と直覚――西田幾多郎と牟宗三」のタイトルで発表を行った。 合田は、ピエール・パシェのボードレール論のタイトル、Le premier venuには、「最初に訪れ…

続きを読む

リポート:クロージングシンポジウム「哲学はどこへ」

3月17日クロージングシンポジウム「哲学はどこへ―現象学の展開」開催のお知らせ

Event

2015年度より3年間の予定で進めて参りました、明治大学人文科学研究所総合研究「現象学の異境的展開」の最後のイベントとして、以下のとおり、3月17日(土)、明治大学駿河台キャンパスで、シンポジウム「哲学はどこへ――現象学の展開」を開催することになりました。詳細は以下のとおりです。御関心のある方はぜひ足をお運び下さい。       「哲学はどこへ――現象学の展開」 2018年3月17日(土) 明治大学アカデミーコモンA2・3会議室(明治大学駿河台キャンパス) http://www.meiji.ac.jp/koho/c…

続きを読む

3月17日クロージングシンポジウム「哲学はどこへ―現象学の展開」開催のお知らせ

レポート:イスラーム思想と現象学

Report

「現象学の異境的展開」は、ドイツ・フランスを震源地とする現象学が世界各地に伝播することで生じる新たな出会いや葛藤について、積極的に研究を行ってきた。その一環として、イランにおけるハイデガー思想の影響について詳しいビジャン・アブドルカリミー氏とバフマン・ザキプール氏を招聘し、2日間の講演会を行うに至った。アブドルカリミー氏はこのテーマについてイランにおいてプロジェクトを組織し、すでにその成果をペルシャ語で発表されている。1日目は20名前後、2日目は10名強の参加者を得ることができた。 アブドルカリミー氏には、21日に「Heidegger and the revival of the Easte…

続きを読む

レポート:イスラーム思想と現象学

1月21日、22日講演会「イスラーム思想と現象学」開催のお知らせ

Event

本日(22日)、降雪予報のため明治大学の5限以降の授業は休講となりましたが、講演会は予定通り開催いたします。   第5回講演会として、「イスラーム思想と現象学」を開催します。 イスラーム自由大学(イラン)より、ビジャン・アブドルカリミー氏をお招きし、2日連続で御講演いただきます。アブドルカリミー氏は、ハイデガー研究者であると同時にイスラーム思想にも通暁した研究者です。1度東洋大学の招聘で来日されたことがあり、今回は2度目の来日です。ペルシア語で書かれた近書に、Heidegger in Our Historical Horizon (2015), The End of…

続きを読む

1月21日、22日講演会「イスラーム思想と現象学」開催のお知らせ

レポート:「江戸の身体観・死生観~現象学的アプローチ~」

Report

8月26日に、梶谷真司氏(東京大学)と本村昌文氏(岡山大学)をお招きして、「江戸の身体観・死生観~現象学的アプローチ~」と題した講演会を行った。 「言葉の中の身体―医学書・養生書における東洋的身体の多層性」と題された梶谷氏の発表は、まず異文化の身体に対する現象学的アプローチの可能性について検討したのち、江戸期の医学書・養生書から日本の身体観の特徴について論じるものであった。梶谷氏は、まず理論的身体と実践的身体に分けて考えることを提唱された。その上で、直接的経験から出発する現象学は、実践的身体に関わり、その異文化性を描き出すことができるだけでなく、理論的身体およびその異文化性に対し…

続きを読む

レポート:「江戸の身体観・死生観~現象学的アプローチ~」

トップへ戻る