Event

8月26日講演会「江戸の身体観・死生観~現象学的アプローチ~」開催のお知らせ

Event

8月26日に「江戸の身体観・死生観~現象学的アプローチ~」と題した講演会を行います。 『シュミッツ現象学の根本問題―身体と感情からの思索』(京都大学学術出版会)の著作などがあり、江戸期の医学書・養生書についても精力的に研究されている梶谷真司氏と、『いまを生きる江戸思想―十七世紀における仏教批判と死生観』(ぺりかん社)の著作などがあり、現代医療における介護や看取りの問題にも取り組んでおられる本村昌文氏をお招きします。現代の身体観・死生観を江戸期の思想から見直す格好の機会になるかと思います。夏期休暇中の開催のため、早めに告知いたします。御関心のある方はぜひ御予定に入れていただければ幸…

続きを読む

8月26日講演会「江戸の身体観・死生観~現象学的アプローチ~」開催のお知らせ

8月7日国際シンポジウム「東アジアにおけるレヴィナス」開催のお知らせ

Event

8月7日に中山大学哲学系との共催で、国際シンポジウム「東アジアにおけるレヴィナス」を開催します。中山大学は中国における現象学研究の一大拠点となっている大学です。今回は、レヴィナス『全体性と無限』の中国語訳を昨年上梓された中山大学教授の朱剛氏、レヴィナス研究者で『時間性:自身与他者 従胡塞爾・海徳格爾到列維納斯(時間性:自己と他者 フッサール・ハイデガーからレヴィナスへ)』の著作もある南京大学教授の王恒氏、そして今回のイベントの中国側コーディネーター役を務めてくださった中山大学准教授の廖欽彬氏を明治大学にお招きします。詳細は以下のとおりです。御関心のある方は、ぜひ足をお運びください。 …

続きを読む

8月7日国際シンポジウム「東アジアにおけるレヴィナス」開催のお知らせ

5月24日、25日、リチャード・コーエン氏講演会のお知らせ

Event

下記の日程で、レヴィナス研究の第一人者リチャード・コーエン氏(ニューヨーク州立大学バッファロー校教授)の講演会を行います。   主催は明治大学国際連携本部で、当プロジェクトの「現象学の異境的展開」が共催として関わっています。詳細は以下のとおりです。   5月24日(水)18時~20時半 「レヴィナスとスピノザ」 明治大学駿河台キャンパスグローバルフロント4031教室   5月25日(木)13時半~15時10分「ユダヤ哲学とは何か」 明治大学和泉キャンパス第二校舎第五教室    …

続きを読む

5月24日、25日、リチャード・コーエン氏講演会のお知らせ

ワークショップ「現象学と東アジア」開催のお知らせ

Event

3月1日、香港中文大学梁銶琚楼を会場に、香港中文大学との共催で「現象学と東アジア」と題したワークショップを開催します。プログラムは以下のとおりです。 (Chinese University of Hong Kong)   Workshop on Phenomenology and East Asia 1st March 2017 Room 401, Leung Kau Kui Building, Chinese University of Hong Kong   09:00-09:15 Opening 09:15-11:15 …

続きを読む

ワークショップ「現象学と東アジア」開催のお知らせ

1月21日 シンポジウム「アジアにおける一個人 ピエール・パシェの作品を読む」開催のお知らせ

Event

明治大学文学部フランス文学専攻との共催で、シンポジウム「アジアにおける一個人 ピエール・パシェの作品を読む」を以下の要領で開催します。御関心のある方は、ぜひ足をお運びください。 2017年1月21日(土)13:00~18:00 千代田区神田駿河台1-1 明治大学駿河台キャンパス リバティタワー7階 1074教室 http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html 使用言語:フランス語(逐次通訳付) 予約不要 入場無料 イントロダクション 13:00|根本美作子(明治大学)「ピ…

続きを読む

1月21日 シンポジウム「アジアにおける一個人 ピエール・パシェの作品を読む」開催のお知らせ

1月8日 第三回講演会「北欧における現象学の展開」開催のお知らせ

Event

2017年に入って最初の催しとして、1月8日(日)に、大阪大学の浜渦辰二先生をお迎えし、第三回講演会「北欧における現象学の展開」を開催することになりましたので、ここにご案内させていただきます。   明治大学人文科学研究所総合研究「現象学の異境的展開」主催 第3回講演会「ケア・ジェンダー・いのち:北欧における現象学の展開」   日時:2017年1月8日(日)15時00分~17時30分 場所:明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント17階 C5会議室   *** ヨー ロッパの現象学と言えば、ドイツとフランス、…

続きを読む

1月8日 第三回講演会「北欧における現象学の展開」開催のお知らせ

10月23日 シンポジウム「もう一つの現象学へ」開催のお知らせ

Event

来る10月23日(日)に、2016年度2回目のシンポジウム「もう一つの現象学へ―パース、ルヌヴィエ、バシュラール」を開催することになりましたので、ここにご案内させていただきます。なお、会場は中野キャンパスですのでお間違えのないようお願いいたします。     「現象学」(phenomenology)とはどういうジャンルの語なのだろうか。名詞ではあるのだが、単に一般名詞なのだろうか、隠れた固有名詞なのだろうか。独特な動詞性の表現なのだろうか。それは一体何を指示し、何を意味しているのだろうか。「分析哲学」と言う時とも「存在論」と言う時とも何かがちがう。「…

続きを読む

10月23日 シンポジウム「もう一つの現象学へ」開催のお知らせ

7月31日 シンポジウム「リズム」開催のお知らせ

Event

来る7月31日(日)に、2016年度最初のシンポジウム「リズム」を開催することになりましたので、ここにご案内させていただきます。 今回のシンポジウムでは、「リズム」をテーマとして扱います。「リズム」とそれに付随する諸観念が古来、哲学、言語学、修辞学、詩学等で重要な役割を演じてきたことは周知の通りですが、その重要性は現代哲学においても変わることなく、特にエマニュエル・レヴィナス、アンリ・マルディネ、ジャック・ガレリなど現象学に着想を得た哲学者たちにおいて、刺戟的な分析がリズムをめぐって展開されています。また、『リズムの本質について』の著者クラーゲスも「現象学」という語を用いています…

続きを読む

7月31日 シンポジウム「リズム」開催のお知らせ

3月19日 シンポジウム「現象学と日本哲学の〈はじまり〉」開催のお知らせ

Event

以下のとおり、2015年度クロージングシンポジウムを開催します。ご関心のある方はぜひご参加ください。   シンポジウム「現象学と日本哲学の〈はじまり〉」   第一部 池田喬(明治大学):ハイデガー・モラリストの誕生―三木清の哲学への一視角 合田正人(明治大学):「種の論理」から「場所の論理」へ―高橋里美、務台理作再考 志野好伸(明治大学):洪耀勲における「実存」概念の射程   第二部 森一郎(東北大学):世代の問題―マンハイムと三木清 ハンス・ペーター・リーダーバッハ(関西学院大学):         現象学…

続きを読む

3月19日 シンポジウム「現象学と日本哲学の〈はじまり〉」開催のお知らせ

1月10日 ミシェル・ダリシエ氏講演会のお知らせ

Event

以下のとおり、第2回講演会を行いますので、ご関心のある方はぜひご参加ください。   講演者:ミシェル・ダリシエ氏 (金沢大学教育開発・支援センター准教授 、クレルモン=フェラン大学哲学専攻研究指導・大学教授資格(H.D.R.))   講演題目:「生の現象学から生きることの形而上学へ ――メルロ=ポンティと共に」   日時:2016年1月10日(日) 15時30分~17時30分   会場:明治大学駿河台校舎グローバルフロント17F C5会議室 http://www.meiji.ac.jp/koho/c…

続きを読む

1月10日 ミシェル・ダリシエ氏講演会のお知らせ

トップへ戻る